[2010,08,20] Vine Linux ベースの小規模サーバ向け OS を発売

株式会社日本ブレインウェア(本社:東京都豊島区 代表取締役 伊東久雄)と 有限会社ヴァインカーブ(本社:石川県小松市 代表取締役 鈴木大輔)は、 使いやすい日本語環境を提供するLinuxディストリビューション「Vine Linux 5」をベースとした 小規模サーバ向けOSを今冬より発売します。

小規模サーバ向け OS は、安定性に優れた Vine Linux をベースとして採用し、SOHOをはじめとして、 小規模オフィス環境、研究室、サークルや個人レベルで活用できるように、メール、ウェブ、 ファイルサーバといったLANおよびインターネットサーバに必要な各種サービスが自動でインストールされます。

各操作はブラウザを使ったユーザインタフェースを採用し、高度な技術的スキルをもった専任のサーバ管理者を用意する必要がありません。

また、リアルタイムにデータのミラーリングを行い、万が一1台のサーバに障害が発生しても、 自動的にもう1台に切り替え、停止することなくサービスを継続することができます。

【小規模サーバ向けOSの特徴】

1)安定性に優れたOSをベースに採用

   日本人による日本人のために開発、安定性に定評のある Vine Linux を採用

2)必要なアプリケーションが自動インストール

   メール、ウェブ、ファイルサーバ等サーバとして必要な機能がインストールされるため、インストール直後から日本語による運用が可能

3)操作性に優れたユーザインターフェース

   各操作はブラウザを使った操作が可能

4)サポートサービス

   メールによるサポートサービスを提供予定

【販売価格】

  未定

※仕様は予告なしに変更されることがあります。

お問合せ先

お問合せは、株式会社 日本ブレインウェア様まで お願いします。